t-laboratory015006.gif
t-laboratory015005.gif
t-laboratory015004.gif
●太さ(グリップサイズ)の選び方
日本で流通しているラケットのグリップサイズは、一般的なラケットで1〜3、競技向けのラケットで2〜4が主流となっています。 女性は1か2、男性は2か3を選ぶことが一般的と言えるでしょう。
ラケットを選ぶ時、まずはサイズ「2」のグリップを握ってみて下さい。 「太い」ようならばサイズ1を、「細い」ようならばサイズ3を選びましょう。
●フェイスサイズ(ラケット面の大きさ)の選び方
ここでは「大きいフェイスサイズ」「小さいフェイスサイズ」
のメリット&デメリットを簡単にご紹介いたします。
・大きいフェイスサイズのメリット
多少真ん中を外して打ってもスイートエリア
が広い為にミスが少なくなり、反発性も良い
のでボールのスピードが速くなります。
パワー不足やボールスピード不足に悩むプレ
イヤーや、ダブルス中心のプレーをするプレ
イヤーに向いています。
また、ボールがストリングの上を転がる距離
を長く確保できるためスピンをかけるプレイ
ヤーにも向いています。
・大きいフェイスサイズのデメリット
小さいフェイスサイズのラケットに比べると
多少打球感がぼやけてしまい、コントロール
の制度が低くなります。
また、軽量でバランス位置が高く設定されて
いるラケットが多く、勢いのあるボールには
打ち負けてしまう傾向があります。
・小さいフェイスサイズのメリット
大きいフェイスサイズのラケットに比べてイ
ンパクト時の感触がダイレクトに伝わるため
打球感が良くなり、ボールのコントロール性
も良くなります。
競技プレーヤーやストローク・サーブに気持
ち良さを求めるプレイヤーに向いています。
また、比較的重量が重いラケットが多いので
相手の威力のある球に打ち負けることがすく
なくなります。
・小さいフェイスサイズのデメリット
スイートエリアが狭いため大きいフェイスサ
イズのラケットに比べてその性能を引き出す
のが難しい事が最大のデメリットです。
また、比較的重量のあるラケットが多く使用
するにはそれなりのパワーを要します。
自分のプレイスタイルに合ったラケットを選ぼう
t-laboratory015003.jpg
t-laboratory015002.jpg
●重さ(ラケット重量)の選び方
軽いラケットはなによりも楽に使えますが、比較的トップヘビーに設計してあり振り抜きは悪くなります。 フェイスサイズが大き目のラケットに多くどちらかといえばボレー等のすばやい動きが苦手です。
重いラケットは重量がある分だけ楽に使えるわけではないですが、比較的トップライトに設計してあり振り抜きは良くなります。 フェイスサイズが小さめのラケットに多くどちらかといえばサーブやストロークを得意としています。
t-laboratory015001.gif
ラケットの選び方
t-laboratory011007.gif
基本的には初心者の方やパワーの無い方は105平方インチ以上の「大き目のフェイスサイズのラケット」を、サーブやストロークを中心に考えている競技志向の方には95平方インチ以下の「小さ目のフェイスサイズ」をお勧めしております。
オールラウンドに使いたい方には98〜103平方インチのラケットをお勧めしております。
上記のようにグリップサイズはグリップの外周の長さで決まります。 最終的に迷った場合は細い方のサイズを選択しましょう。 細いグリップには厚めのグリップテープを巻いたり、グリップチューブ等を使用して比較的簡単に太くすることは可能です。しかし、太いグリップをバランスよく細くすることは非常に難しくなります。
●長さ(ラケット長)の選び方
一時期ほとんどのラケットが27.5〜28.0インチの長ラケとなっていましたが、最近では従来の長さ(27インチ)のラケットが多くなってきています。
長さにわってラケットを選んでしまうと選択肢が少なくなるので、27.0〜27.5インチの間で自分のプレイスタイルにあったラケットを選びましょう。
競技を意識しているプレーヤーには短めを、楽しさを重視しているプレイヤーには長めのラケットを選ぶ事をお勧めしています。
●厚さ(ラケット幅)の選び方
単純に横から見たラケットの幅が厚ければ厚いほどボールは良く飛びます。
ボールのスピードや飛距離に不安がある場合はなるべく厚いラケットを選びましょう。

では、薄いラケットは? これはラケットの"しなり"を使ってスピンをかける方に向いています。 もちろんラケットをしならせるだけのパワーが必要になりますが、野球のピッチャーが投球時にスナップを利かせるようにラケット自体がスナップを利かせて良い球を出してくれます。
日本国内で購入する場合はサイズ「2」
を握ってみましょう。
メーカーによってグリップの形が異なり
ます。 握り具合の確認もお忘れなく。
このページのトップへ
T-LABORATORY
TUNE UP
INFORMATION
TENNIS
ACCESS
INDEX
PRICE LIST
ラケットの選び方
ガットの選び方
ガットの豆知識
ラケットの豆知識
シューズの選び方
アクセサリーの選び方
ガットの張り替え
張り替えの料金
SHOP