このページのトップへ
T-LABORATORY
※雨の中でプレーした場合や夏場の気温の高い時期に車のトランクの中など
 にラケットを放置してしまった場合、ガットはもっと早く性能が劣化して
 しまいます。

※ガットはラケットのフレームの上で常に一定の力で引っ張り続けられてい
 ます。 1本1本のストリングには常に約50ポンドもの力がかかってい
 るわけですから、全くボールを打たなくてもその性能はどんどん劣化して
 しまいます。
●ガットの張り替えはこんな手順でおこないます。
t-laboratory011008.gif
ガットの張り替えタイミングは?
t-laboratory011007.gif
●基本は3ヶ月に1度!
※ラケットフレームやグロメット[ハトメ]の破損状況によっては張り替えが できない場合もございます。

※お会計は、お預かり時・ご返却時どちらでも可能です。

※大会直前の学生さん等に向けてストリングの即張りも受付ております。  ただし、混雑状況によってはご希望の時間 まに張り上げることが不可能 な場合もありますので、まず はお電話で混雑状況をご確認下さい。
 
 電話番号:022−233−8863
 注)張り上げの電話予約は受け付けておりません。
※あなたのラケットにはどのくらいの力がかかっていますか?

  50ポンド ⇒ 22.7キログラム
  55ポンド ⇒ 24.9キログラム
  60ポンド ⇒ 27.2キログラム

 50ポンドでも、ガット一本で10キロの米袋を2袋以上の持ち上げられ
 る程の力がかかっています。
 長い間そのままにしていたら、ガットが伸びちゃうのも仕方のないですよ
 ね?
一般的に言われている『おいしい打球感』を楽しめるのは、長くても張り上げから約1ヶ月間です。 これは、全くボールを打たなくても時間が経てば同じようにおいしい打球感は尽きてしまいます。

ガットには張り上げからの『鮮度』がとても重要です!

もちろん個人差はありますが、ある程度まともな打球感でプレーができるのは『ナイロンガットで約3ヶ月程度』『ポリ系ガットでは約1ヶ月間程度』となります。
T−LABORATORYでは毎週末などに定期的にプレーする方は3ヶ月に1度、毎日のように部活やスクールでラケットを使う方には1ヶ月に1度の張り替えをお勧めしています。

確かにガットが切れるまでボールを打つことは可能ですが、ボールを飛ばす力が無くなってしまったストリングを使い続けていると、プレイヤー自身の肘・肩を怪我してしまったり、ラケットフレームに想像以上の負荷がかかって破損してしまったりすることもあります。

楽しくテニスを続けるためにも、ラケットを壊さないためにも、できれば春夏秋冬の四季に合わせて3ヶ月に1度、どんなに放置しても6ヶ月に1回はガットの張り替えをしましょう。
t-laboratory011006.gif
ガットの張り替え
TUNE UP
INFORMATION
TENNIS
ACCESS
INDEX
PRICE LIST
t-laboratory011005.gif
t-laboratory011004.gif
t-laboratory011003.gif
t-laboratory011002.gif
1.ガット & テンションの決定
2.ラケットのお預かり
3.ラケットのクリーニング & 補修
4.ガットの張り替え & グリップテープの巻き替え
ラケットの状態を確認させていただきます。

張り替えが可能な状態であれば[お名前][お電話番号]を用紙に記入していた
だき、ラケットをお預かりいたします。
t-laboratory011001.gif
5.ラケットのお渡し
・ラケットをどのような状態に仕上げたいのか?
・現状と比べてどのように変えていきたいのか?

お客様と一緒に決めていきます。 お気軽にご相談ください!
ラケットフレームの汚れを拭き取り、グロメットやハトメの状態に合わせて必要な補修を行います。
ラケット1本に必要な時間は約1時間 当店では最低でもこのくらいの時間は必要だと考えています。
ガットの取り外し → クリーニング → 補修 → ガットの張り替え → グリップテープの巻き替え →
→ テンションシールの貼り付け → 確認
お預かり時にお渡しする[お預り証]をお持ち下さい。

ラケットを受け取られたら、張り上がりの状態をご確認ください。
ラケットの選び方
ガットの選び方
ガットの豆知識
ラケットの豆知識
シューズの選び方
アクセサリーの選び方
ガットの張り替え
張り替えの料金
SHOP